冷暖房設備は現代社会の上で欠かせない

冷暖房設備は現代社会の上で欠かせないものですが、その中でも最も主流なのはエアコンではないでしょうか。
冬場でも温暖な地域ではエアコン一つで事足りるけれど、夏場は暑さが厳しくエアコンだけでは足りずに扇風機を併用する場合もあるでしょう。
逆に、雪国はエアコンでは物足りず灯油ストーブが主流で、は扇風機だけでも気にならないなどもあるようです。
冷暖房機で主流はエアコンと冒頭に書きましたが、実情としてはそれだけではないようです。
と、ここまでなんだか面倒くさい事を書き連ねてきましたが、今回の主旨は「電気を使わない灯油ストーブが好き」と言う事なのです。
我が家にも勿論エアコンがありますが、冬は灯油ストーブも併用しています。
夏には大活躍のエアコンではありますが、冬はやはり灯油ストーブの温もりを感じられる温度が好きなのです。
室温に温もりと言うと、やや詩的な表現ではありますが、実際問題湿度も関係してくると思います。
エアコンをメインで使う場合、やはり湿度が低くなりますから、加湿器なども一緒に使う事が多くなります。
特に冬は乾燥しますから、病気にかかりやすくなります。
インフルエンザ対策としても加湿器は重宝しますが、しかし冬は寒さに加え乾燥していることから、酷い場合は霜焼け気味になってしまう事が多くあります。
また、入浴の際は湯船に浸かるとなると、つい温度設定を42℃と高めに設定します。
高い温度での入浴は、体の表面にある必要な油を落とすと言われています。
実際、入浴後は体が温まるのですが、布団に入るとやはり肌が乾燥してしまいピリピリとした痛痒さを感じてしまいます。
保湿クリームなどを塗ると言った対策をしても、やはり室内の湿度に気をかけるに越したことはありません。
エアコンと加湿器でも冬の寒さと乾燥対策は可能ですが、電気代は気になる所です。
首都圏などはヒートアイランド現象により、年々温度が上昇していっています。
エアコンに限らず、近年の異常気象はすさまじい事もあり、地球温暖化対策やエコなどにも注目が集まっています。
と、少し話はずれましたが、「昔からある暖房器具」という点で灯油ストーブはエコであるというイメージもあります。
灯油ストーブのエコについては後述する事にして、つまりエアコンと加湿器の併用による電気代が気になる時、灯油ストーブであればやかんを置いてしまえば加湿も可能という事です。
これが思った以上に便利なのです。
ふとしたとき、温かい飲み物が欲しいと思った時もやかんのお湯が既に沸いていますから、電気ケトルや電気ポットは必要ありません。
更に嬉しいのは、ふと夜食にカップラーメンを食べよう、など思った時本当に便利なのです。
便利さが加速する現代において、カップラーメンはお手軽なインスタント食の代表格ですが、便利になり過ぎた故にお湯を沸かす事自体に手間を感じてしまう事もあります。
ささっと透明フィルムを破き、蓋を開ければ即お湯が入れられるのは何気に便利なのです。
暖房、加湿、ちょっとした調理と言った点を挙げてきましたが、これだけで便利感が非常にお分かりいただけたのではないかと思います。
ながら、を可能にする便利暖房アイテムなのです。
ここまで灯油ストーブの便利さを書いてきましたが、灯油ストーブのエコの観点に目線を移していきます。
灯油ストーブは、灯油を利用して暖を得る器具になります。
灯油、は灯りを灯す油として動物性、植物性のものが使用されてきた名残として、今でも灯油としてガソリンスタンドで購入する事が出来ますが、現代使用されているものは主に化石燃料である石油にあたります。
この時点で、「昔からあるエコ感」が崩れていますが、その通りで灯油は化石燃料である以上、産出量に限りがある訳です。
各種メディアでは、定期的に「早ければあと数十年で枯渇する」と報道もされています。
灯油ストーブ好きとしては、このニュースにひやりとさせられてしまいます。
また、環境問題的にも灯油を燃焼させる際に発生する二酸化炭素の量も問題視される事があります。
実際、灯油ストーブは定期的な空気の入れ替えを行いますし、リコール問題なども取り上げられた事がありました。
専門家ではありませんので、細かい分析やデータなどは分かりませんし、ここでは行いませんが、つまりエアコンも灯油ストーブも、エコの観点から言うと留意しなくてはいけない点があるという事になります。
異常気象により電気供給がストップするなどした際にも利用出来る灯油ストーブは、便利な反面使い方の見直しや、新たな技術開発が待たれる所であります。
季節の変わり目は、灯油の残量に気を使いながら使用する事が多くなります。
灯油ストーブによる暖房が必要ない気温になれば、次のシーズンまで活動休止です。
夏には使いませんから、部屋の片隅に置かれた灯油ストーブを時折目にすると、限りあるエネルギーについてなんとなく考えてしまいます。
今日は寒さが落ち着き、この灯油ストーブを使用しませんでした。
そろそろ片づける準備をしなくてはな、などと思いながらつらつらと書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です