昨年春に妊娠し、流産してから2度目の妊娠をしました。

昨年春に妊娠し、流産してから2度目の妊娠をしました。
念願の赤ちゃん、今度こそは絶対悲しい思いはしたくないととても神経質になり過ごしていました。
前回はできなかった心拍確認、胎児の姿確認を経て、念願の母子手帳交付、安定期と20週までは順調に異常もなく過ごしていました。
つわりもそれなりにありましたが、全ては赤ちゃんのため、これくらい頑張れると耐え、乗り越えました。
安定期に入り、つわりも治まり、長い距離を歩けるようになり、これから楽しいマタニティライフだなあと思いながら夫とベビー用品を選びワクワクしていたところ、年明けすぐに頻繁にお腹が張るようになりました。
妊娠してから便秘気味になっていたので、便秘でお腹張っているのかなあと思いながらもそれにしてもおかしい、お腹がカチカチすぎると念のため病院を緊急受診したところ、切迫流産と診断されました。
妊娠20週なら普通40ミリあるのが普通の子宮頸管長が28ミリしかない、25ミリを切ったら早産のリスクが高まってしまう、仕事をしているなら今すぐ自宅安静にしてと言われ、あれよあれよと言う間に書かれる休業命令の診断書、就職してから6年、朝から晩までワーカホリック気味に働いていた私の生活は一変しました。
私がしている仕事は本当に過酷で、数年ずっと夫に「仕事やめたい、主婦になりたい、ニートになりたい」とずっとごねていましたが、急に舞い降りてきた念願の長期休み。
でも、気持ちは嬉しいよりも「不安だ、申し訳ない」の方が強く、職場の人が連絡をくれるたびに「ご迷惑おかけして申し訳ありません」と謝罪する日々。
幸い、上司が色々手配してくれたおかげで私には負担もなく休みに入ることができました。
普段のお休みなら、どこかに出かけたり家の掃除をしたりと充実して過ごしていましたが、一変して自宅安静、動いたらお腹が張る、お腹が張ったら頸管長が縮む…できることは寝ることだけ、本当に退屈でした。
しかも大人しくしているのに、無条件に頻繁に張るお腹。どれくらい張ったらまずいのかもわからず不安になり、自宅安静指示が出てから2日、内服の薬が効いていないこともあり再度受診すると点滴で様子見ましょうと急遽入院になりました。
この日は夫の誕生日の前日。本当は焼肉を食べてお祝いして、手作りのケーキを食べるはずだったのに…。当たり前と思っていたことができなくなったこと、誕生日なのに離れ離れになることが悲しくて落ち込み病室で「ごめんね」と泣いたことを覚えています。
そして始まった点滴生活。内服の時から手の震え、動悸といった副作用がありましたが、内服の20倍の量の点滴の副作用は計り知れないものでした。横になったら常に自分の心臓の音が聞こえるくらいの動悸、食事の時に箸を持つと手が震えうまく食べ物を持てない、字を書くなんてもってのほか。
それだけならまだしも、点滴を始めて2日経つとさらに食事を摂っても気持ち悪くて吐き戻すようになってしまいました。
副作用の辛さ、お腹の赤ちゃんに栄養を届けなきゃいけないのにご飯を食べられない苦しさ、食べられなくて減っていく体重を目の当たりにして、夫の前で「ご飯が食べれない、しんどい」と号泣、「大変なのに赤ちゃん守ってくれてありがとうね」と言われ更に号泣、入院生活は本当にメンタルを崩す日々でした。
次の日、ドクターの診察で、食べれないならない服に戻そうと言われ、点滴が外されると今までの苦しみが嘘のようにご飯を食べれるようになりました。
点滴が外れたことでストレスも減り、それまで夫が来るたびに泣いていたのも一切なくなり、入院生活が慣れてきたのもあって穏やかに過ごすことができるようになりました。
何より、それまで食べれないことを心配していた夫に「ご飯全部食べれたよ」と報告すると喜んでくれるのが嬉しくて、励みになりました。
10日の入院を経て、内服で症状が安定していること、自分の中でもこれくらい張ったらまずいと言う感覚が掴めるようになり、無事退院をしました。
10日ぶりの我が家、普段片付けや掃除なんてほぼしない夫が仕事と病院の往復に加え、頑張って綺麗な状態をキープしてくれていたことに驚きました。
自宅安静に戻ってからも、夫はとても頑張ってくれ、仕事が残っているのに一度帰宅し私のご飯を用意してからまた職場に戻る、平日に朝ごはんなんて作ったことはほとんどなかったのに私より早く起きて栄養のあるご飯を用意してくれると言う日々を送っています。
現在25週まで来ました。胎動もぽこぽこ日に日に強くなり、私も切迫と診断された時と比べたら少しずつ動けるようになりました。
仕事したいなと思うこともありますが、まずはお腹の赤ちゃんが第一、無事に出産できるように周りに感謝しながら穏やかに過ごしていきたいと思っています。
色々ありながらもここまでなんとか頑張っている赤ちゃんありがとう。
遅くまで仕事しながら私のサポートもしてくれる夫、ありがとう。
もう少し一緒に頑張ろうね。
赤ちゃん、会えるの楽しみにしているよ。

結婚して4年目。

結婚して4年目。
二人の子宝にも恵まれ共働きで忙しいながらも休日はピクニックや遠方に出かけたりと3才と1才の息子と夫と幸せで充実した日々を送っています。
そんな中、今日は待ちに待ったあの日!
先週、夫が結婚して初めての有給休暇を取得すると突然言い出し、私にも有給休暇を取得を勧めてきました。何かあるのか聞いたら、「難にもないwwだから休もう!」と言い出し、息子たちが生まれて依頼一度もしていなかったデートが突然決まったのだった。
もちろん子供たちは何も言わずに保育園に登園予定ww
それはそれは私はウキウキして、
映画もいいな!おしゃれなランチコースでワインでも!海も見たいな!USJもいいな!などとあらゆるデートコースを提案しては一人であれこれ言ってITました。
でも、保育園から呼び出しがいつあるか分からないので遠出はできない、お酒もそんなに飲めない、となるとなかなか決まらず当日の朝を迎えていました。
息子たちを保育園に送り、駅では無く家に戻ると夫から「京都に紅葉でも見に行くか!」と意外過ぎる提案が!
絶対付き合っている時は興味ないとか言って一緒に行ってくれなかっただろうに。
私のために、そしてカメラ好きな私、そしてインスタ映えしそうなところを選んでくれました。嵐山のキレイな紅葉を想像しながら、おしゃれしなきゃ!とウキウキ支度していました。
そんな時、私の脳裏にふっとある提案が浮かびました。
それは、京都行くなら天下一品の本店でランチしようよ!と夫に提案すると物凄く喜んで朝も食べずに今度は夫がウキウキと支度し始めましたww(夫はラーメン好きで天下一品も大好きなのです)
支度が終わり、車で京都まで1時間かからない程なので先に天下一品に向かいました。
平日なのに駐車上は空きが1台のみ。
店内も1つのテーブルのみ空き。さすが本店!
夫はこってり、私はこってりとあっさりの中間の屋台味を注文。
そして私だけビールも追加ww
一口目食べた後、顔を見合わせて美味しさにびっくり!
あっという間に二人ともたいらげちゃいました。
お腹もふくれ、嵐山へ向かうことにしました。京都の街並みを車から眺め、夫の横顔も眺め、あっという間に着きました。
嵐山も平日なので駐車場は満車ばかりで観光客に溢れていました。休日はもっともっとすごい人なんだなーと思いながらも空き駐車場を見つけ駐車。
河原を歩き、目に飛び込んできた山の映える紅葉の美しさ!
目に焼き付いて今でも鮮明に覚えています。大きな橋にさしかかりそこでもたくさんの社員をとり、夫一人でポーズとらせたりしてましたww
橋を渡っていると渡し船やボートがたくさん川にあり、ただただ見ていると夫が乗ろう!と言い出し乗り場へ向かいました。
(これも意外!今日の夫は完全に私が喜ぶであろうことだけ考えている!)
ボートに乗り込むとその揺れの大きさに驚きましたが、慣れると何とも言えない開放感があり、風が気持ちよく、紅葉がキレイで最高の気分になりました。
そして夫がボート漕ぐのがやたら上手く、何でそんなに上手いの?って聞いたら、「学生の時よく色んな彼女とボートに乗ってた」と回答。
余計なことを聞いてしまったと後悔ww
でも今は結婚して夫婦だし、ボートを上手に力強く漕ぐ夫を改めてかっこいいなーと思足りしてました。
ボートで対岸まで行き、そこにはお土産屋や団子屋などがたくさんあり、そこをふらふら歩いていました。
普段は自分からあまり喋らない夫も子どもみたいに楽しそうで、修学旅行みたいにお土産屋を見て回り、お団子を頬張りながら散歩をしていました。
子どもたちにもミッフィーのパン屋さんがあり、そこであんパンを購入。
そして私達夫婦は何にしようかと考えているとお箸を作っているお店があり、そこで古風だけどおしゃれなお箸を購入しました。(ここだけ夫婦感ww)
嵐山も一通り周り、存分に楽しんだのでそろそろ帰ろうかとなり駐車場へ向かい車に乗り込みました。(保育園のお迎え時間があるので。)
そっからか今日の振り返りと、子どもたちに早く会いたいねーという家族の会話になっていました。
とことん、私はこの人と結婚して良かったと思い、家族と過ごす人生の楽しさを一人で車で浸っており、勝手に泣きそうになって堪えていました。
会話でごまかそうと思い、夫に何で紅葉にしたの?保育園のお見送りの間にテレビでもやってた?と聞いたら、、、
「有給取るって決めてからずっと考えてたんだよねー。遊園地とかランチとか映画とか。でも何かデート感ないしなーと思って。〇〇(私)は子どもたち出産して毎日育児と仕事、おれは平日ほぼ居ない状況で、たまには女の子な感じで楽しんでもらいたいなーと思って。んで考えた末、おれが絶対提案しないと思ってるであろう嵐山の紅葉にしたww毎日毎日本当にありがとうな。〇〇が居るからおれは毎日幸せだよ。」
と言われました。
どちらかと言うと寡黙な夫からはシラフでは言わない言葉の連発ww
そこで私は涙が止まらないww
夫も仕事激務だから休日ぐらいゆっくりしたいと思うのに。
土日も家族優先で色んなところへ連れて行ってくれているのに。
私は給料少ないから夫の給料で家族は生活できているのに。
文句も愚痴も一度だって聞いたこと無い。
私は何て幸せな妻であり母なんだろう。
と幸せともっと感謝しなきゃって気持ちとで人生忘れられない大切な日となりました。
涙で化粧ぼろぼろのまま保育園に到着し子どもたちのお迎え。
走ってくる我が子たちをいつも以上に力強く抱きしめる。
そこで長男が私の目を見て、「母ちゃん目が赤いよ!どうしたの?」って言ってきて。
私は「父ちゃんと話してたら感動して泣いちゃってww」と言いました。
そしたら息子が夫に、
「父ちゃん!母ちゃん泣いちゃったってよ!悪いことしたら誤りなさい!」
おいっ!息子や!違うぞ!ww
夫は笑いながら私にごめんなさいと言いました。
私は何て幸せなんだろう。これが幸せってやつなんだな。