今日も平凡な一日でした。

今日も平凡な一日でした。
朝、6時半にアラームが鳴るもそこからもぞもぞとぐずりながら、結局7時15分頃に家族全員起床。寒い季節なのでなかなかスッと布団から出ることが出来ません。
冷たい廊下を通り、予約暖房が効いた暖かいリビングへ。夫はそこから仕事へ行くための身支度をはじめ、幼い息子はまだ寝ようとソファによじ登ります。私は朝食のパンを焼くためにオーブンを予熱、電気ケトルにコーヒー用の水を入れ、スイッチオン。それから息子を着替えさせるため、息子をソファからずりずりと引き下ろします。
「どれ着る?」
「ピンク!」
知的障害のある息子との会話のキャッチボールは変化球ばかりですが、意思疎通はなんとか可能。着替えを手伝い、トイレに連れていきオムツを変えたあたりで、オーブンと電気ケトルが準備完了をアラームで知らせてくれます。息子をいったん開放し、私は再びキッチンへ。
今日のパンはいつもの食パンではなく、コストコで買ったちょっと良い美味しいパン。パンを少し水で湿らし、そこから更に210℃で10分の焼成。手間がかかりますが、家族みんなが大好きな味です。
パンが焼き終わるまでに、私は他の朝食メニューの準備をします。とはいっても、朝食は簡単な物。パンの他にはヨーグルトとバナナ、息子の牛乳と夫のコーヒーと私のプロテイン。これらを準備して、自分の着替えも終わった頃に、パンが焼きあがります。
「焼けたよー。」
と洗面台にいる夫に声をかけ、家族そろっての朝食。
「いただきます。」
と始まりは一緒だけど、ごちそうさまはバラバラ。夫は少し急ぎ気味にいつも朝食を食べ、反面息子はのんびりと30分以上も時間をかけるからです。ある意味みんなマイペース、私は二人の中間ぐらいで朝食を終え、片づけを開始します。
「いってらっしゃい。」
と息子と一緒に夫を見送ってからが、私の仕事時間。
キッチンに戻り食洗機に入った前日洗い済みの食器をしまい、朝食の片づけ。そのあとは洗面台に行き、自分の身支度を整えると同時に簡単に洗面台回りを掃除します。そのあとは午前中いっぱいを使って、昼食と夕食の準備をします。
「色々なおかずを少しずつ食べたい。」
というのは、夫と私の共通の希望。
食卓にはいつも5品以上のおかずを並べるように心がけています。今日作ったのは、木綿豆腐を使って作る『肉そぼろもどき』、一晩かけて水抜きしたきゅうりを使った『きゅうりの佃煮』、エビとホタテを使った油少なめの『アヒージョ』、そしていつものお味噌汁。夕飯はこれに昨日残り物の『味玉』『豆苗とツナのサラダ』『筑前煮』を加えて、一汁六菜となります。昼食は、息子は春からの幼稚園に向けて練習中のお弁当、私は作ったおかずを適当につまんで済ませます。
午後は私は主にパソコンワーク、息子はテレビを見て過ごします。
エクセルで家計簿をつけたり、ネットで買い物をしたり、資格の勉強をしたり、ちょっとしたお小遣い稼ぎをする時間です。息子の機嫌によっては、あやすことで一日終わってしまうことも多いですが、私が一人で何かに集中できる貴重な時間です。自分用のちょっと良いコーヒーとリンツのチョコレート二粒をパソコンの傍らにおき、集中する時間はとても貴重で至福の時です。
パソコンワークもひとしきり終わった夕方、洗濯ものの片づけに取り掛かります。洗濯には少しだけこだわりがあります。それは『極力畳まない』ということ。おしゃれ着やニットを除いて、極力ハンガー収納にすることを心掛けているのです。靴下や下着は決まった箱にポイポイと投げ入れて収納します。専業主婦でも家事は楽にするのが私のモットーです。イライラしながら完璧な家事をするよりも、多少家事が緩くてもいつも笑顔のお母さんでいたいからです。
夕方、家事をしていると宅配便が届きました。
今日はバレンタイン、夫のために注文していた品物でした。中身は12年物のウイスキーとオリジナルグラス。去年までは手作りスイーツでしたが、元来夫は甘いものが得意ではないため、今年からはお酒にすることにしたのです。
リビングの食器棚の上2段を空け、お酒を置く用のスペースを作りました。今はまだガランとしていますが、来年からはここに1本ずつ、お酒の瓶を飾っていきたいです。
夫からこれから帰宅するとのLINEが入ったら、夕食の仕上げ。帰宅と同時に温かい物を食べてもらえる等、味噌汁やおかずを仕上げていきます。
みんなでそろって、
「いただきます。」
作るのに時間がかかったおかずも、夫と息子の前ではスルスルとなくなっていくのが嬉しくもあり、寂しくもあります。
食事の後は夫の育児タイム。お風呂に入れ寝かしつけをするのは、夫の仕事です。私は夕食の片づけと、自分のお風呂、そして残り湯を使って洗濯を済ませます。
ここまでやって、やっと夫婦の時間。
夫にバレンタインのプレゼントを渡し、今日あったことなどを話しました。
昔は夜遅くまで起きれていたけれど、最近は夫婦ともども夜10時にはダウン。ですので、日記もここまでにしておきます。
平凡な一日でしたが、この平凡こそが幸せではないかと私は思うのです。